呪術廻戦262話ネタバレ!乙骨の模擬で五条悟は死亡は確定?(一部1)


この記事では呪術廻戦262話最新確定のネタバレをお届けします!乙骨のシミュレーションで五条悟の死亡確定か?

前回の呪術廻戦では最強の幽霊は五条悟の体だということが判明しました。

とはいえ、乙骨の投げ縄術のシミュレーションは「見た目は五条だけど中身は乙骨」というオチでした。

体を乗っ取られているので五条悟が復活することはなさそうです。

次回は憑依した乙骨がどうなるのかも楽しみです。

この記事では呪術廻戦262話の展開を考察したいと思います。

呪術廻戦262話ネタバレ最新話の考察!

呪術廻戦262話ネタバレ
呪術廻戦262話ネタバレ

呪術廻戦262話ネタバレ最新話の考察|乙骨の模擬で五条悟死亡確定?

五条悟の体にオッコツが乗り移ったことで、五条悟の死亡は確定したとみられる。

家入たちは五条悟の体自体が縫い合わされているのを発見。

オッコツの技が投げ縄と同じなら、脳がリカになって五条悟の体を利用していることになる。

​​額にも縫い目がくっきりとある。

そうだとしたら、技が解けたら五条悟の脳はどうなるのか?

いずれにしても五条悟が復活する可能性は極めて低いと考えられる。

五条悟は最初から死ぬ気だった?

前回の五条と乙骨の会話の場面で、先生が意味深な発言をしていました。

乙骨が「自分から化け物になろうとするな」と言った時

「それは無理だ」

「あの時置いていかれたから、追いつかなきゃ」

その時五条悟は下戸秀のことを考えていました。

つまり下戸に行きたいということです。

つまり、最初から死ぬつもりで宿儺と戦っていたのかもしれません。

五条悟がわざと宿儺に負けた可能性もあります。

呪術廻戦262話ネタバレ最新話の考察|乙骨も死亡確定か

儀式が破られたらおっこつは死ぬと思われます。

おっこつはスクナによって身体がバラバラに引き裂かれていました。

反転の儀式のキャパシティを超えていたようです。

おっこつはリカがいなければ意識を失うことすらある状態でした。

投げ縄の儀式が破られたとしても、身体が元に戻ることはなさそうです。

その場合、五条悟の身体を奪うと言っていましたが、それは可能でしょうか?

その時点では投げ縄は下戸の身体に残っていたので、可能かもしれません。

とはいえ、おっこつが儀式を行った時間は5分しかなかったです。

そのため、儀式が破られたらおっこつは死ぬ可能性が高いです。

呪術廻戦 262話ネタバレと最新話考察 | 天衣の術

前回の呪術廻戦では、自分の砂糖を外に具現化する術師・天衣が登場しました。

家入は「その砂糖を他の人に入れられないの?」と聞いています。

つまり、五条の体かおっこつの体に砂糖を入れるつもりなのですが、それはどういうことでしょうか?

可能性としては、天衣の砂糖が五条の脳を作るということが考えられます。

すると、その脳に梨花が入ります。

砂糖でプリンを作った天衣なので、脳も作れるのかなと思いました。

まあ、そうでもないようです。

次回の262話では、天衣の術がどのような役割を果たすのかにも注目です。

呪術廻戦 262話ネタバレと最新話考察 | 梨花は使えるのか?

五条悟に憑依したオッコツはリカを使えるのか?

中身がオッコツなのでリカの技が使えるはず。

投げ縄技を使っているということはリカの力も使えると推測できる。

次回の楽しみの一つは五条の体内でリカがどう使われるかだろう。

乙骨は六眼を使いこなせる?

また、オッコツが六眼を使えるかどうかも興味深い。

オッコツはすでに五条の領域拡張「無用空条」を発動していた。

オッコツの魔術師としてのセンスも驚きで、他人の身体に憑依した瞬間に領域拡張を使える。

オッコツは「領域拡張ってそんなに簡単なの?」と思わせる。

しかし、オッコツでも五条悟と同じレベルの出力を出すのは難しいだろう。

同時に一つしか存在しない六眼をオッコツがどれだけ使いこなせるかにも興味深い。

呪術廻戦262話ネタバレ:オッコツは五条悟の記憶を持っているのか?

オッコツが投げ縄術を真似しているのなら、五条悟の記憶と経験も受け継いでいると推測できる。

なぜなら、過去に投げ縄が体を入れ替えると、体の記憶が流れ込むと言っていたから。

だから、五条になったおっこつは、体に刻まれた記憶や経験を、五条から受け継いでいるはずだ。

そうだとすると、おっこつの「無力上」は五条と同レベルだと考えられる。

最新話考察|五条悟の額の縫い目にはメロンパン

五条悟の額には、投げ縄と同じように縫い目がある。

開けたら、投げ縄と同じようにメロンパンが出てくるのかな。

できれば、五条悟の頭が開いてメロンパンが出てくるのは見たくない。

宿儺と戦っている窮地に陥っているので、脳が開くのは想像しにくい。

でも、中身が気になる。

五条悟の額の縫い目には、メロンパンが出てくる五条乙骨は5分しか五条乙骨でいられない

呪術廻戦262話ネタバレ

五条乙骨の模擬術式は5分しか持続しない。

その5分で宿儺を倒せるかどうかは賭けだ。

五条乙骨自身も術式が破られたらどうなるかは知らない。

しかし、5分で突然他人の体に憑依した五条乙骨が宿儺を倒せるとは思えない。

また、五条乙骨がこれだけの時間をかけて宿儺を倒しても読者は納得しないだろう。

だから五条乙骨は宿儺に深刻なダメージを与えるだけになると思う。

宿儺はまだ呪いの力が残っていて領域拡張が使える。

最終的には主人公の虎杖と弟の藤堂のコンビで宿儺を倒して欲しい。

呪術廻戦 262話 ネタバレ:最新話 – お骨は藤原の血筋

前回の呪術廻戦では、お骨は藤原の血筋であることがほのめかされていました。

それに対して、五条先生は、血統だけならお骨の方が優れていると述べました。

藤原といえば、多くの総理大臣を輩出している名門中の名門です。

一方、菅原道真は文才があり、右大臣まで出世しました。

しかし、家格を超えて昇進したため、降格され、亡くなりました。

これらの事実から、五条先生は、血統だけなら藤原家の方が優れていると述べました。

歴史的に、菅原家が藤原家を憎んでいても不思議ではありません。

これが、彼の子孫である五条とお骨に関係があるかどうかを見るのは興味深いです。

呪術廻戦 262話 ネタバレ:最新話 考察 |五条を超えるか?

五条おっこつになる前に、五条おっこつが藤原家の血を受け継いでいることを特にほのめかしたのには理由があるようです。

五条を超えるという意味だったと思います。

五条の菅原家よりも藤原家の方が上とされているからです。

つまり、六眼を使う能力は五条おっこつの方が上なのかもしれません。

五条になる前に藤原家が交流していたのはなぜでしょうか?

次回でその理由が明らかになることを期待しています。

呪術廻戦262話ネタバレと最新話考察|九条無量vs風魔神輿の戦い

呪術廻戦260話では、「領域拡張」と言ったのは五条おっこつだったことが明らかになりました。

そして前回、両者が領域拡張を発動し、「九条無量vs風魔神輿」で終わりました。

この戦いは、宿儺の風魔神輿が勝つと思います。

宿儺の領域拡張は260話でも登場しましたが、完全ではありませんでした。

さらに、「竈門改」で完全に消耗したため、今回の風魔神輿の出力はさらに低いようです。

しかし、乙骨は新しい体で最初の領域拡張「無量空居」を発動しました。

これでは、乙骨が圧倒的に不利なようです。

そして、作者の芥見下々は読者を絶望に陥れるのが得意です。

つまり、ここでの乙骨五丈の敗北は、読者を絶望の淵に突き落とすためのものだとも推測できます。

そのため、「無量空居vs風魔神輿」の戦いでは、宿儺が勝つと結論付けました。

次回の呪術廻戦のコンテンツはウェブサイト(Dogsbreed.org)でご期待ください!

続きを見る: 呪術廻戦262話ネタバレ!乙骨の模擬で五条悟は死亡は確定?(一部2)


関連記事

呪術廻戦ネタバレ262話確定速報|五条の体に隠された秘密

呪術廻戦ネタバレ262話確定速報|五条の体に隠された秘密


[最新話] 呪術廻戦ネタバレ262話|五条の体に隠された秘密。乙骨は五条の体を使いこなせる?模倣術式は5分しか持たない。調べてみましょう!


呪術廻戦262話ネタバレ!乙骨の模擬で五条悟は死亡は確定?(一部2)

呪術廻戦262話ネタバレ!乙骨の模擬で五条悟は死亡は確定?(一部2)


(一部2) 呪術廻戦262話ネタバレ!乙骨の模擬で五条悟は死亡は確定?五条悟は最初から死ぬ気だった?乙骨は六眼を使いこなせる?探検してみよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です