ヒロアカ 424 話ネタバレ : 第二の戦いは終わるのか?


ヒロアカ 424 話ネタバレ: 第二次決戦が終結することに?「決着! 長年の因縁に決着がつく──!!」という見出しからも、第2戦の決着がついたことが窺える。アニメレビューページの記事を見てみましょう!

ヒロアカ 424 話ネタバレ

ヒロアカ 424 話ネタバレ

第二次決戦が終結することに?

ヒロアカ423話では、デクが外側から拳を振り回し、死柄木と歴代継承者が内側から拳を振り回し、AFOを内と外から同時に攻撃します。

その結果、AFOの「個性」で無理やりつなぎとめられていた粉々になった体は崩れ落ちてしまいます。

「決着!! 長年の確執に終止符が打たれる──!!」という見出しは、2度目の戦闘が終わったことを示唆しています。

決着によって起こることとは?

2度目の戦闘が終結し、424話以降は上記のような出来事が起こると思われます。

避難所や中継で戦いを見守っていた世界中の人々がヒーローたちの勝利を喜ぶ姿が見られるかもしれませんね。

大統領の命を受けたアメリカのヒーローたちが日本に上陸し、復興支援にあたる可能性もあります。

人々がヒーローの勝利に盛り上がる
ヒーローたちが病院に搬送される
アメリカのヒーローたちが日本に上陸?

デクは無個性に戻ってしまったのか?

デクは死柄木を攻撃する際に、歴代継承者とともにOFAを「転移」したため、最終的には残り火だけでAFOと戦った。

2度目の戦闘終了時にワン・フォー・オールの残り火が消えたとすれば、デクは「無個性」に戻ったと言える。

一方で、AFOを攻撃する際にデクが死柄木と拳を交えている様子が描かれているため、その際にOFAを受け取った可能性もある。

死柄木の肉体にOFAがあったことは確定?

ヒロアカ423話では、ワン・フォー・オールがヨイチと後継者たちにOFAを注入した時、彼の心だけでなく体もすでに粉砕されていたことにAFOが気付く場面が描かれている。

その直後のコマでは、オールマイトが中途半端な「体」ではOFAに耐えられず、手足が爆発してしまうと言っているのが聞こえる。

このことから、ワン・フォー・オールをデクに「譲渡」された死柄木が一時的にOFAを所有していたと解釈できる。

デク・爆豪などが緊急搬送される?

2度目の戦闘が終わった今、ヒーローたちは戦場から病院に運ばれることになるだろう。

特に爆豪は死柄木の攻撃で一時的に心臓にダメージを受け、右腕は完全に骨折している。

デクと爆豪に加え、重傷を負ったオールマイトとエンデヴァーも中央病院で治療を受けることになるだろう。

キャラ名 状況
緑谷出久 ・死柄木との継戦のダメージが残ったまま
・一時的に両腕を失ってしまう
爆豪勝己 ・心臓が一時的に破れてしまった
・右腕がグシャグシャに折れている

最終決戦に登場しなかった人たちの現状は?

最終決戦では他のヒーローたちにスポットライトが当たる中、上記のキャラクターたちは特に描かれていませんでした。

単に限界を迎えていただけかもしれませんが、ミリオたちが最終決戦に登場しなかったのは意外でした。

最終決戦では描かれなかったこれらのキャラクターたちの現状が424話以降で明らかになるかもしれません。

天空の棺
通形ミリオ 天喰環 波動ねじれ
ベストジーニスト マンダレイ (ミルコ)
群訝山荘跡
心操人使 シンリンカムイ シシド

AFOと信楽の消失は確定か?

以上が、2度目の戦闘終了まで残ったAFO死柄木に起こった出来事です。

デクの目の前で死柄木が崩壊していく様子が描かれていることから、AFO死柄木は消滅したと考えられます。

結局、死柄木はAFOから体を取り戻すことはできず、2度目の戦闘はAFO死柄木の消滅で終わったと思われます。

キャラ名 状況
AFO ・死柄木の身体の主導権を手にした
・デクたちによって身体を砕かれる
死柄木弔 ・内部からAFOに攻撃を放った
・デクに対してスピナーへの伝言を遺す

黒霧(白雲)の生存と死亡状況について

崩れ落ちる姿が描かれているが、デクとAFOが戦っているのを見て、黒霧はAFOの前にワープする。

AFOに死柄木を返すよう要求するが、戦場に現れた爆豪に襲われる。

デクとAFOの戦いが決まった後、崩れ落ちる姿が描かれているので、黒霧(白雪朧)も死亡した可能性がある。

悪役にスポットライトが当たるのでしょうか?

主な敵キャラの生存・死亡状況は上記の通り。

中央病院を襲撃したスピナーはAFOから与えられた「個性」の影響で暴走したが、まだ生きている可能性が高い。

一方、荼毘はすでに瀕死の状態だが、爆発は阻止され、生き延びたと言える。

青山一家のその後が描かれる?

青山一家はAFOと共謀していたことが発覚し、警察に逮捕された。

第2次戦闘ではAFO率いる悪党たちを誘い込むのに貢献したが、決着がついた今、彼らがどのような処遇を受けるのか注目される。

特に、青山悠雅が雄英高校のヒーロー科に在籍し続けることができるかどうかが今後の展開の焦点となりそうだ。

ジェントル・ラブラバの将来はどうなるのでしょうか?

ジェントル・ラブラバの2人は第2戦で英雄側に付き、非常に良い働きをしました。

彼らは逮捕されるべきであり、戦いが終わった今、再び投獄される可能性があります。

一方で、第2戦での彼らの行動により、彼らは赦免され、解放される可能性があります。

私たちのウェブサイトをフォローして、アニメヒロアカに関する最新の更新情報を確認してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です